<   2011-11   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

カテゴリー

最新のトラックバック

    検索

    ログイン

    その他

    沼津市K様邸外部改修塗装工事始まりました。

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    先日から沼津市K様邸の外部改修塗装工事が始まりました。


     alt=""title=""

    沼津市のK様邸ですが今回は3階部分を増築して外壁全体の塗り替えです。


     alt=""title=""

    まずは3階の増築部分のALC外壁の下地調整工程です。

    ALC板の表面はザラザラしていて尚且つ塗料の吸い込みも激しい為、微弾性フィーラーを用いて目止めをしていきます。


     alt=""title=""

    微弾性フィーラーの目止め工程が終了しました。


     alt=""title=""

    微弾性フィーラ―を十分乾燥させた後、1階、2階部分と同じように外壁にベース材を吹き付けて凹凸模様を付けていきます。

    この工程が完了した後、シーラー処理をして上塗り工程に移っていきます。






    「月刊 つり人」 1月号が発売されました。


     alt=""title=""

    今号は「大潮は釣れるの」のウソ、ホントの記事がとっても興味深いです。

    昔から海釣りでは大潮の後の中潮の日が釣れるとか、大潮の時に魚の活性が上がることも良く言われていますが色々なデータから推測するに魚の種類によっても釣れる日がまちまちだったりしています。

    全磯連の過去数十年の年間チャンピオンの魚が釣れたデータも載っていて、色々参考にして釣行計画を立てるのも面白いかもしれません。



     alt=""title=""

    10月9日、10日に行われたポイント磯クラブ45周年記念大会の模様が特集で組まれています。

    珍しいキンダイを釣ったりしたのでちょこっと私の写真も載っていたりします。

    興味のある方は是非!ご購読ください!




    「磯・投げ情報」1月号も発売されました。


     alt=""title=""

    いや〜、これからの時期に釣れるカワハギは実に美味な魚ですがその肝を使った料理特集は見ているだけで唾液線が刺激されて溜まりません。

    肝パンカワハギ釣りたいな〜。

    肝パンカワハギ食べたいな〜。

    誰か釣ってきてくんないかな〜。




     alt=""title=""

    という訳でこちらは御蔵島釣行の際、幻中の幻のキンダイを釣った時の釣行記を書かせてもらいました。

    夢いっぱい、ロマンいっぱいの離島遠征もたまには良いものです。


    こちらも興味のある方は是非!ご購読ください!




    では、また。

    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/30 | 22:34 | comment(0)| No Trackbacks

    清水町K様店舗外部塗装工事が終了しました。

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    ここのところ現場ネタが少なくてすみませんでした。

    清水町のK様店舗外部塗装工事が終了しました。

     alt=""title=""

    今回は2液型のシリコン塗料を使用しました。


     alt=""title=""

    シリコン塗料の中塗り、上塗り工程が終了し、外壁の塗装が終了しました。


     alt=""title=""

    外部鉄骨階段の塗装工事もケレン工事、サビ止め塗装、シリコン塗料中塗り、上塗り共無事終了しました。


     alt=""title=""

    K様の店舗は大きな店舗ですが、無事に工事が完了しました。


    K様、大変ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。




    11月16日は(いい色)の語呂合わせで塗装の日。

    静岡県塗装看板業協同組合の各支部では16日近辺で塗装に関するボランティア活動を行っています。

    「藤沢塗工店」が所属する三島支部では三島市の伊豆佐野保育園と賀茂川保育園の遊具塗装のボランティア活動を先週の26日に行いました。



     alt=""title=""

    私は伊豆佐野保育園の担当でした。

    こちらの保育園担当の8名で園庭遊具の塗装を行いました。


     alt=""title=""

    サササ―ッと蜘蛛の子を散らすように各遊具の塗装を手際よく行っていきます。

    幼稚園や保育園の園庭遊具はどれも綺麗な色ばかりです。

    こんなきれいな色の調色も組合員の皆さんはお手の物です。
     alt=""title=""

    約3時間半ほどの奉仕作業でしたが各遊具がこんなに綺麗になりました。

    賀茂川保育園の方の遊具塗装も無事終了したようで良かったです。


    日頃、お世話になっている地域の為に組合加盟会社としてこのような社会貢献はとても大切なことだと思います。


    では、また。


    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/28 | 22:13 | comment(0)| No Trackbacks

    帝王との対峙・・・、そして凱歌はどちらに!?

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    今日はタイトル通り、期待通り?に更新します。



    23日に石廊崎にモロコ(クエ)釣りに行ってきました。

     alt=""title=""

    伊豆半島最南端、石廊崎の夜明け。


     alt=""title=""

    夜明けとともに激闘の幕は開くのか?・・・。

    「磯の帝王」との対峙が始まる。

    さあ!勝負だ!


     alt=""title=""

    竿先をグワン!ビヨン!と揺らすのはやっぱりコイツ。

    モロコ釣りの時に絶対に釣れる海のギャング、ウツボです。

    この日もとりあえず仕掛けを投入すればウツボ、次もウツボ、ウツボ、ウツボ、またウツボ!

    ホントにどこもかしこもウツボだらけです。



     alt=""title=""

    9時頃になると渡船の喜美丸名物のアツアツのお弁当が届きました。


     alt=""title=""

    提携先のスポーツニッポンの新聞紙に包まれたその包みをガサゴソと開けると・・・。


     alt=""title=""

    ジャジャ―――ン!

    アツアツの親子丼です!

    でも、いつもはカツ丼なのに何故かこの日は親子丼。

    磯釣りの時は大体、コンビニの冷えたお弁当ですがちょっと肌寒いこのころになると何が美味いってこの親子丼です。

    伊豆半島の渡船屋さんでも何軒かはお弁当を作ってはくれますが、アツアツのお弁当を届けてくれるのはここ石廊崎の喜美丸さんだけです。


    あっという間に完食です。

    ごちそうさまでした〜!



    ウツボに包囲網を敷かれて戦意喪失気味になったのでちょっと石鯛釣りに浮気してみました。

    下り潮が流れているか、流れていないかくらいの速さなので思い切って沖向きに遠投してアタリを待ちました。

    すると!エサのヤドカリをゴツゴツと食べるアタリがあります。

    そして一丁前にキュウウン!と竿を絞り込んだのはコイツでした。


     alt=""title=""

    標準和名 【イラ】 スズキ目ベラ科 

    石鯛釣りの外道で時々釣れる。40センチオーバーになると前アタリが力強く、そして一気に竿をひったくるのでてっきり石鯛かと思うのだが上がってきた正体を見たとたんに殆どの石鯛士はがっくりと膝から崩れ落ちる。伊豆半島では斜めに筋がはいっているために”けさがけ”とも呼ぶ。
    食べても美味しくないらしい。





    そして・・・。






     alt=""title=""

    キタ――――――!!!

    とうとうキタ――――――!!!




     alt=""title=""

    潮目付近に遠投してアタリを待つとウツボのそれとは違う前アタリ!

    激闘の幕開けだ!

    その直後にグワワワン!グッチャンとモロコ竿が根元付近まで捻じ曲げられた途端に体をのけ反らせて大アワセをくれるがいったん穴に潜られる!

    道糸を緩めたり張ったりして穴から出てくるのを待ち竿先がグワッと揺れた瞬間、渾身の力で竿を煽って穴から引きずり出す!

    ズル!ズル!ズル!っと何とか出てくる気配。

    更に力任せに引きずり出す!引きずり出した瞬間にまた奴はグワン!グワン!と引きずり込もうとするが”力”じゃぁ負けません!

    一進一退。



     alt=""title=""

    ボッコ―――ンと浮いた瞬間に同行のKさんが「出た―!モロコだ―――――!」と叫ぶ!


    勝負あり!

    凱歌は我にあり!


     alt=""title=""

    ドッカ―――――ン!

    石鯛釣りとは一線を画す程の一か八かの真っ向勝負!

    まさしく「磯の帝王」と呼ぶにふさわしい好敵手です。



     alt=""title=""

    クエバリの60号ががっちりと掛かっています。

    フィッシュイーター然とした歯がスゴイですね!


     alt=""title=""

    標準和名 【クエ】 スズキ目ハタ科

    関東ではモロコ、九州ではアラと呼ばれ、その風格とどう猛な性質から「磯の帝王」と称される。
    岩礁帯の穴やエグレに棲みつき、頭上を泳ぐ魚めがけて突進するそのスピードは凄まじく、モロコ釣り専用の豪竿をなんなく捻じ曲げつり人を翻弄するその釣り様は磯釣りのステータスと呼ぶにふさわしい。下世話な話ではあるが冬場のモロコの浜値はキロ1万円以上もする。





     alt=""title=""

    目標の30キロオーバーには全然届かずの8キロのモロコ。

    人生2本目のモロコ。


    でもめったに釣れないから嬉しい嬉しい一本です。

    伊豆の豊穣な海に感謝、感謝です。

    そして同行のKさん、Iさん、Sちゃん、解体作業からモロコ鍋の下ごしらえまでしてくれた寿司職人のサイト―さん、皆さん有難うございました。


    いや〜、最高にモロコ鍋は美味かった〜!


    では、また。

    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/25 | 21:56 | comment(0)| No Trackbacks

    帝王との対峙・・・、そして凱歌はどちらに!?

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    清水町K様店舗外壁塗装工事は外壁の高圧洗浄工事が終了し、ALC外壁のジョイント部分のコーキング打ち直し部分への凹凸処理工事が進んでいます。

     alt=""title=""

    コーキング処理をしたあとは表面がこのようにツルッとしています。

    この上に直接、上塗り材を塗るとこのコーキング部分がテカテカと光ってしまっていかにも補修しましたという仕上がりになってしまいます。

    そのように見えなくするためにはこのコーキング部分に凹凸を付けてあげると外壁の凹凸と同化してテカテカ感が無くなります。



     alt=""title=""

    そのツルッとしたコーキング部分の表面に微弾性フィーラ―という下塗り材を砂骨ローラーを用いて凹凸模様を付けていきます。


     alt=""title=""

    若干、テクスチャーの違いはありますがこのようにするとコーキング部分の補修跡が目立たなくなります。

    この工程が終了したら上塗り工程に移っていきます。




    そういえば・・・、いよいよ消費税が現行の5パーセントから3パーセント増の8パーセントになるみたいなニュースがありました。

    事業仕分けもイマイチ効果が上がらず、国家予算の削減も思うように進まず、TPP参加交渉についても賛否両論。

    TPP参加後については国内の農業生産者の収益が上がらない場合には税金で損失補てんをする?みたいな耳を疑ってしまう話もちらほら。


    今は国家も国民もとにかく大変。

    税収を上げるために庶民が毎日と言っていいほど払っている消費税を上げるなんて発想がどうかと思います。

    増税導入方法論の選択肢は数あると思いますが増税が決まれば・・・、例えば私たちが従事している建築関係の仕事にも影響が出てきます。

    増税前の新築やリフォーム、企業の設備投資の駆け込み需要が多くなるのでは?といった予想が一部では聞こえてきています。

    でもそうなると業者の数が足りなくなるとか、忙殺されて仕事のクオリティーが下がるとかといったネガティブな予想もちらほら。

    それぞれに携わる業者はもう今から準備をしなければなりませんね。


    社会貢献を理念に掲げて全てはお客様の満足の為に!


    毎日コツコツと足元見つめながら自問自答して「自分に何ができるのか?」、その積み重ねのひとつひとつが大事だと思います。



    話がとっ散らかってしまいました。




    タイトルの「帝王との対峙・・・、そして凱歌はどちらに!?」は・・・・。

    更新にちょっと時間が掛かりそうです。


    なので!


    非常に勿体付ける様で心苦しいのですが明日のお楽しみとさせていただきます。

    あしからず。



    では、また。


    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/24 | 23:35 | comment(0)| No Trackbacks

    明日はモロコ(クエ)釣り〜。

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。


    明日は数か月前から練りに練ったモロコ釣りの日です。

    まあ、練りに練ったとは言っても釣行計画日に凪が悪かったりして釣行を断念せざるを得なかっただけなんですが、何とか明日は行けそうです。



    昔から”磯の帝王”などと呼ばれて磯釣りのターゲットとして君臨していますが沢山いる魚ではないために釣れる確率は…何十回に一回とかっていう確率でしょうかね。

    ただ、そこに居れば釣れちゃうみたいなシチュエーションも多々ある為、油断は禁物です。

    大袈裟のようですがモロコ釣りでは単独釣行は禁物。

    とんでもない大物が掛かることがあるためにサポート役が最低限一人は必要。

    ベストは3人のグループ。

    でっかいのが掛かった時に竿の持ち主はリールを巻く役目、一人は前面にまわって竿を肩に担ぎ上げ、もう一人は道糸を引き抜きます。

    危険を伴う男の釣り!


    でも、でもおおかたの予想は外れてウツボとの戦いとなって夢破れちゃうんですけどね。


     alt=""title=""

    モロコ釣り専用のモロコ竿、ダイコーフルフィールドクエ480M。

    今回はダイワの尖閣100号はお休みです。

    リールはペンのスペシャルセネターロクマル。

    道糸はナイロン80号。

    仕掛けも20組以上は必要。

    とりあえず目標は30キロオーバーなんですが、そうなるとなんでも重たくて大変です。




     alt=""title=""

    実は何が何でもモロコ釣りに行かなくてはいけない理由があります。


    明日のモロコ釣りはこのソウダガツオの処分も兼ねています。

    ソウダガツオを大きなクエバリ60号に一匹丸ごとつけてエイヤ―――!っと投げるわけです。


    9月の東海大学釣り理論実習のお手伝いに行ったときに持ち帰ってきたこの90本のソウダガツオ。

    これが我が家の冷凍庫にドドドーンといつまでもあるものですから邪魔といえば邪魔。


    釣れるかな〜?

    たま〜に行って釣れるものでは無いけれど男振りのする釣り?荒磯のロマン?帝王との対峙?そんな気分だけでも味わってこようと思ってます。


    では、行ってきます。



    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/22 | 19:03 | comment(0)| No Trackbacks

    清水町K様店舗外部塗装工事が始まりました。

     だんだん朝晩が冷え込んでくる季節になってきました。

    こんばんは。”シャチョブロ”です。


    清水町K様の店舗外部塗装工事が始まりました。


     alt=""title=""



     alt=""title=""


    サッシ周りやALC外壁のジョイント部分のコーキング工事が終了しましたので、既存外壁の高圧洗浄工事を行いました。

    外壁の既存塗膜はそれなりに経年劣化が目立ち、チョーキング現象を起こしていましたので綺麗に洗浄しました。



     alt=""title=""

    外壁の洗浄後は新しくコーキングを打ち直したところに凹凸を付ける工事を行っていきます。



    もう今年も残すところ約1か月となってきました。

    一年なんてあっという間です。

    でも今年は東日本の震災、放射能汚染、節電、円高、株安・・・。

    日本にとっても、日本国民にとっても大変な一年でした。

    被災地は未だ復興が遅々として進まず、これから寒い冬を迎えていきます。


    まだまだ頑張ろう日本!の合言葉を忘れてはいけませんね。

    取りあえず平穏に過ごせている私たちにはまだまだやるべきことが沢山あるはず。


    新しい年を迎えるにあたってどうやって生きるべきか、考えさせられますね。


    では、また。

    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/21 | 19:41 | comment(0)| No Trackbacks

    沼津市I様邸外部塗装工事のつづきです。

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    昨日は沼津市I様邸の外壁吹付塗装工事の模様をお伝えしましたが今日は軒天、スチールドアなどの塗装工程をお伝えしていきます。


     alt=""title=""



     alt=""title=""

    まずは軒天の塗装工程です。

    下塗り後に釘頭をパテ処理で平らにして上塗りです。

    こげ茶色に白を加えた軒天色、くすんだ茶色ってなかなかオシャレな色合いです。



     alt=""title=""

    スチールドアは短毛の仕上げローラーで塗ります。

    きめが細かくてローラーで塗装してもより平滑な表面になります。



     alt=""title=""



     alt=""title=""

    他のスチールドアは軒天と同じ色番号の色です。

    スチールドアはこれからも人の出入りがあるものでとりあえず下塗りの状態で留めておいて引き渡し直前にもう一度塗って仕上げる予定です。



     alt=""title=""

    これは外壁に付いた見切り縁。

    ガルバリウム鋼板という材質で出来ています。

    この鋼板は塗料の密着があまり良くありませんがウレタン塗料等を塗る前に金属などとの密着を高める専用のプライマーを塗布してウレタン塗料を塗布すると剥がれる心配がありません。



     alt=""title=""



     alt=""title=""

    見切縁の塗装終了です。

    3分ツヤで仕上げてシックな感じに仕上がりました。

    これをツヤありで仕上げたりするとものすごく野暮ったくなって外観のイメージもガラッと変わってしまいます。


    軒天、スチールドア、見切縁で使用した塗料の色調は日本塗料工業会の色見本帳の中から選ばれていますがすべて現場調色です。

    白、黒、赤、黄そして青をそれぞれの色になるように混ぜ合わせて見本帳と同じ色を現場で作るのを現場調色と言いますがそういう技術も塗装職人が持っていないといけない技術の一つです。

    この現場調色がチョチョイのチョイ!と出来るようになってくるとやっと一人前の職人へのパスポート申請が可能な資格が貰えたって所でしょうかね。


    その先はまだまだ長い旅が続きます。


    明日からはお天気が崩れて週末は雨の模様です。


    例年ですとこの時期になってくると雨が降った後は天気の回復とともに西風が吹くって記憶がありませんか?

    今年は雨の後でもビューって西風が吹きませんよね。


    天気図を見てもいつもの11月の天気図とは違います。


    中国大陸の上空に吹いている北風が余り強く吹いていないんですね。ですから寒気も降りてきません。寒気が降りてこないから11月なのに暖かい日が続いたりします。
    大陸からの冷たい空気を含んだ高気圧が降りてきませんから南から南風を伴った低気圧が上がってきます。それでまた温かくなります。

    太平洋側を通過した低気圧が北海道付近で発達すると等圧線の間隔が狭まり西風が強く吹くのが西高東低の冬型の気圧配置となって、その西風の影響で駿河湾の海水温度が下がります。

    でも、今年はその傾向がありません。今のところ。

    このままだと12月も海水温がなかなか下がらず石鯛が狙えるかもしれません。

    そしていよいよ西高東低の冬将軍が来て、海水温が下がると冬の寒メジナの釣りシーズンが開幕したり、だれもが好きなイカが釣れだします。魚も脂肪を蓄えてきて美味しくなってきます。


    結局!釣りかよ!


    そうです!何か?



    では、また。

    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/17 | 20:43 | comment(0)| No Trackbacks

    沼津市I様邸の外部塗装工事

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    溜りに溜まっている現場ネタの更新です。


    沼津市のI様邸の外部塗装工事が始まりました。

     alt=""title=""


     alt=""title=""

    緩いカーブを描くI様邸のモルタル外壁に弾性リシンを吹き付ける予定ですがその前の工程としてシーラーを塗布しました。

    弾性リシンとの密着を良くするための大切な工程です。



     alt=""title=""

    赤黒さが際立つこげ茶色の弾性リシンの下吹き工程です。

    車の通りが多い道路に面しているような住宅には車の通行による振動で外壁にクラックが生じやすいのですが弾性系の塗材をたっぷりと塗布することによってクラックが生じにくくなります。



     alt=""title=""

    弾性リシンの下吹きが乾燥した後、上吹きを行って仕上げていきます。



     alt=""title=""




     alt=""title=""

    ビニール養生も撤去されてかっこいい外壁に仕上がりました。


    この後、軒天、見切り縁、スチールドアなどの塗装工事を行っていきます。




    昨夜は初めての体験をしてきました。


    静岡県塗装看板業協同組合三島支部の会合後、いつものようにぞろぞろと居酒屋さんへ・・・。


    「どこ行こうか?」

    「三ツ星マートって行ったことある?」

    「ないない。」

    「行ってみようか。」


    という訳で「三ツ星マート」って居酒屋さんに行ってきました。


    いや〜ビックリしました。


    ビールでも酎ハイでもおつまみでも何でもかんでもぜーんぶ280円!

    タッチペンでメニューの中の食べたいものをタッチして、数量をタッチして入力して注文するをタッチすると厨房にそれが電波で送られて、出来上がると店員さんが運んでくるという仕組み。


    タッチパネルで注文する居酒屋さんはありますが、タッチペンで注文とは凄いですね〜。

    店員さんとのやりとりとかは要らないんですね。

    「すいませ―――ん!生中ふたつくださ――い!」

    とかって大声出す必要はないんです。

    料理や飲み物は全体的に小振りです。


    280円だもの。


    ただ食べて飲むだけって感じですがとにかく同席の人が何を食べたいとか気にせずに自分の食べたいものや飲みたいものを遠慮せずにどんどん頼んでも量がそんなでもないので意外と行けちゃう。


    人件費節約でドライな感じは否めませんがまあ、時にはいいのかな。

    ずっとみんなで「へ〜。」「ほ〜ほ〜。」とか感心しながら食事を楽しんできました。


    時代の流れってやつですかね。


    私達のような職種ってお施主様や取引先様とのコミュニケーションがとにかく大事。

    でないとお互いの満足度が高まりません。


    でも、もしかしたら徹底的なコストダウンによる満足感を欲しているお施主様もいるかもしれません。


    色んな場所に色んなヒントがありますね。


    そう考えると毎日が楽しくなります。



    では、また。


    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/16 | 23:37 | comment(0)| No Trackbacks

    ズッポン!本石だー!

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    昨日は私が所属する沼津潮倶楽部の納竿磯釣り大会が田牛の磯で行われました。

    水温が下がり始めてそろそろ石鯛釣りのシーズンも終盤という事で当クラブでは一旦、竿納めとなる訳ですが今年は水温も高めに推移していますのでまだまだ石鯛釣りは楽しめると思います。


     alt=""title=""

    前日から吹いていた東風の影響でウネリが高くて時折磯の先端は波を被る状態。

    冷たい磯風も手伝って緊張感ピリピリですが、関東モロコ会の会員さんは悠然と仕掛けの準備をしています。

    がこの後、大波に襲われモロコピトンにつかまって全身ずぶ濡れで危機一髪でした。

    アブナイ、アブナイ。




     alt=""title=""

    伊豆半島の夜明け。

    お魚さん達も早起きよろしく!



     alt=""title=""

    ズッポン!

    本石だー!


    午前8時を過ぎて下り潮が差しこんできたときに待望のアタリでした。

    グワっとアタッてギュ――――と竿敏三本半が絞り込まれましたがアタリの感じからするとそんな大型でもなさそうなので、しばし遠目から竿敏の曲がりを愉しんだ後に引きを愉しみながら上がってきたのは50センチ、2キロの石鯛でした。

    常に30キロ越えのモロコを狙っている関東モロコ会の会員さんも駆け寄って「おめでとうございますー!」と祝福の言葉を頂きました。

    ちょっと小さいけど本石はやっぱ嬉しいですね。



     alt=""title=""

    まるで東映映画のオープニングです。

    この後はザバババ―――って足元まで波が上がってきます。

    おかげでエサのヤドカリをぜーんぶ波にさらわれました。

    泣きたいです。


    イシダイを釣り上げた頃は実は他の会員がのった大根ではヤバイ状態になっていました。

    大きなウネリが襲ってきて荷物は流されるは、払い落とされそうになるはで戦々恐々。

    9時には命からがらの撤収を強いられてしまいました。

    私達が乗っていた下大根も11時過ぎには撤収。



     alt=""title=""

    港に戻ってからみんなで記念撮影。

    大根では朝一でY君がイシガキダイ、I君が3キロオーバーの本石を釣っていました。

    凪の悪い中大したもんです。


    オメデト――――!!!


    一時はどうなるかと思われた納竿大会でしたが無事に終わってホッとしました。


    これから12月の総会に向けて準備が始まります。


    年間ポイント優勝は誰かな?

    年間大型チャンピオンは誰かな?

    皆勤賞は誰かな?

    楽しみですね。



    ちょっと余談ですが昨日の大会前日に私とG会員さんの2人で下田に乗り込んでいました。理由はエサのヤドカリ確保のため。

    土曜日の午後6時にヤドカリ150個を買い付けて、「お腹もすいたね〜。人間様のエサも確保しとかないとね〜」と下田駅前をフラフラとしていました。

    駅前の暗くて細い路地を入ると「開国厨房 ぼちぼち」という居酒屋さんを見つけました!


    恐々と覗くと店内は”チョーマン”で「え―――!なんでここだけ!?」って感じに賑わっています。

    店内は昭和レトロな設え。

    若いお兄ちゃんの店員さんがサクサクと動き回って働いています。

    混んでる理由が判りましたね。

    料理の何を頼んでも間違いない!って位美味しいです。

    ハラミの串焼き、牛ホルモンの串焼き、から揚げ、もつ煮などなど全部がちゃんと丁寧に作ってくれていました。

    そして最後の〆で食べた”まご茶漬け”。

    これってアジのタタキを乗せたご飯に熱いだし汁をかけたお茶漬けなんです。

    あお背の魚特有の臭みも無くホントに美味しかったですよ。


    下田に寄った折には行ってみてはいかがですか?ただ居酒屋さんですから午後5時から24時間での営業。

    お昼はやっていませんからあしからず。


    「開国厨房 ぼちぼち」

    http://naminami.cool.ne.jp/bochibochi

    ☎ 0558−27−2717


    では、また。







    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/14 | 19:48 | comment(0)| No Trackbacks

    ちょっと面白い塗装です。

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    やっと11月らしい陽気になっってきた今日この頃ですが、気温差による体調変化に気を付けましょう。


     alt=""title=""


    沼津市のI様邸の塗装状況です。

    作り付けの棚やカウンター、その他の木部の塗装を行っていますがグチャグチャーって塗っているように見えますがこれ、ワザとです。

    綺麗にムラなく塗るということの真逆です。

    最近ではこの様に塗装してあるアンティーク風家具が売りに出されていますがちょっと変わった技法を使えば新築、改築時にも可能です。

    設計士さんによっては素人さんが塗ったように仕上げてなんて提案をされますが、これがなかなか難しいのです。

    難しいからこそやりがいがありますね。

    こういう仕上げ感の場合はそれぞれの主観が先行しますので設計士さんの言うとおりに仕上げても現場監督さんの主観と違っていたり、また現場監督さんがOKといってもお施主様の主観と違っていたり・・・といろいろなんです。


     alt=""title=""


    そして普段ムラの無いように塗ることに気を付けているせいかわざとムラがあるように塗るというのは一瞬、首ををかしげてしまうのですが脳みそのスイッチをカチッと切り替えてみる事と普段からこのような塗装を施してある家具や建築物のイメージを頭に叩き込んでおくことがキモです。



     alt=""title=""




     alt=""title=""




     alt=""title=""

    とりあえずこんな感じに仕上げてみました。

    でも、正直これは完成形ではないと考えています。

    これから壁が珪藻土で塗られていく予定ですがその珪藻土で塗られた壁の質感とのバランスを考えて少し手を加えていく必要があります。


    今は逆に手を加えやすいように少し手荒い感じに仕上げてあります。


    壁の質感が柔らかな感じに仕上がればこの棚、カウンター類をもう少し大人しめに仕上げる必要があると思いますのでその場合はもう少し白いペンキを塗り重ね、透けた茶色の部分をもっと隠してあげると今度は使い古した感じになっていきます。


    こういう塗装工事は携わる色んな人の主観的なセンスが織り交ざって最終的にどこが落としどころなのかが最後までわからないところが実に面白いです。


    昔に比べると建築物内部の建具、建具枠、窓枠なんかは無垢材に比べ廉価な既製品が多用されて画一化された建築物が多くなりました。

    もっと職人の技術やセンスが発揮できるような、またもっと手作り感が溢れるような建築物が増えていかないかなと常々思います。住宅展示場に見学に行ってもデザインや工法が違うだけで結局は無難な設えばかりで商品力が乏しい住宅ばかり・・・。


    毎日のように家電製品や生活雑貨類は進化を遂げて面白いものばかりが世に出て来ますが、これは消費者が何を欲しがっているのか、何を望んでいるのかを感知するマーケッティングが良く出来ている証拠だと思います。

    一般的な建築はどちらかというと、うちはこんな家作りですが、いかがですか?というくらいのアンテナ感度。

    もっともっと設計、ビルダー、職人が腕を磨いて、こんなことも、あんなこともできますよ!って胸を張れるくらいに日々勉強しなければならないと強く思います。


    明日からまた、もっと、もっと頑張りましょう。



    では、また。


    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/10 | 21:36 | comment(0)| No Trackbacks

    沼津市I様邸新築塗装工事が始まりました。

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。


    沼津市のI様邸店舗兼住宅新築塗装工事が始まりました。

     alt=""title=""

    I様邸の内部は無垢材が沢山使われていて木の香りが充満しています。


     alt=""title=""

    ダークブラウンの内部用の木材保護塗料を塗布して木部に着色していきます。

    昔は内部木部はこのようなオイルステイン系の塗料で着色をした後、ウレタンクリアーで塗膜を付けて保護するという工法が殆どでしたが最近はオイルステイン系塗料を塗って木の持つ質感を残すような工法が増えてきました。



     alt=""title=""


     alt=""title=""

    柱は後にワックス仕上げになる予定ですが他の木部の塗装が終了しました。

    と言いたいところなのですが一部はこのままのダークブラウンで仕上がりで、一部はダークブラウンの上に更に手を加えていきます。


    その仕上がり感はまたのお楽しみです。


    ちょっと変わった仕上がりなる予定です。


    今日はさらっとした”シャチョブロ”でした。


    では、また。

    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/09 | 20:33 | comment(0)| No Trackbacks

    第24回和竿石鯛釣り大会

     こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    昨日は第24回和竿石鯛釣り大会に行ってきました。

    その名の通り竹製の石鯛竿で石鯛を釣る大会です。

    う〜ん、石鯛を釣る大会というかなんといいますか、魚を釣るんだ!っていうよりか和竿から伝わる石鯛のアタリを愉しみながら親睦を深める大会と言った方が正解なのかもしれません。


    なかなか釣れないとかエサ代が掛かるとかいう理由で段々石鯛釣り愛好者が減ってきている昨今ではありますが、その中でも和竿で石鯛釣りをやる!なんていうコアな面々の72名が南伊豆、伊浜に集結しました。

    午前3時に伊浜港に到着すると港の中に係留している渡船がウネリでゆらゆらと揺れていて、一時開催が危ぶまれましたが何とか出港することが出来ました。

    72名という大人数を伊浜地区だけで収容することは難しい為、そのうち16名は隣の雲見地区での釣りとなりました。


     alt=""title=""

    雲見の佐市丸に乗って目指すは長っという釣り場。

    しかし、納竿となる午後12時半までの間に石鯛のアタリは一度もありませんでした。

    水温は前日と変わらずでトロトロとした下り潮が流れていましたが全くダメ。

    どうしたんでしょうかね〜。

    石鯛さんはお休みでしたかね〜。


    雨にそぼ濡れる俊貞作総巻唐草3本半継ぎは何とも寂しげでした。




     alt=""title=""

    でも伊浜港に戻ると釣れているじゃ〜ありませんか!

    石鯛ってかっこいいですね〜。

    役員の私としては魚が検量に持ち込まれているとホッとして嬉しくなります。

    この縞模様が鮮やかな雌の石鯛は先月の三宅島釣行の際にお世話になった和竿同友会のTさんが釣った石鯛です。

    わざわざ、栃木から駆け付けてくれて大会に花を添えてくれました。

    有難うございます!



     alt=""title=""

    でた!4,24キロ、59センチの石鯛!

    小田原マリンターミナルから参加のTさんが釣られました。


    今大会の優勝魚です!

    おめでとうございます!



     alt=""title=""

    72名中で石鯛を釣って凱旋を果たした7名の皆さんです。

    確率的には10分の1。

    だからこそ大きい小さいは関係なくそれぞれが尊い一枚です。



     alt=""title=""

    優勝を果たしたTさんには優勝賞品として俊貞作の和竿が送られました。

    今回の俊貞さんの和竿はちょっと変わった作風でした。

    漆の色がいい色でした。

    弁柄より黄色い色で琥珀とか丹土といった古色の色合いで良い竿でした。



    額に入っている大きなハリはオーナーばりさんが協賛してくれたインテリアフックです。

    このインテリアフックは大きな大会で優勝しないと頂くことが出来ません。

    しかも、非売品ですからこのインテリアフックが家に飾られたりしているとそれはもう釣りをしている人にとっては羨望の的になること間違いなし!ってヤツデス。ハイ。

    ちなみに私は頂いたことがありません。


    補足ですがこのインテリアフック、使おうと思えば使えるんです。

    焼き入れまできちんと施されているので強度は申し分ありませんがさて、何釣りに使えばいいんでしょうか。

    薩南諸島あたりに棲んでいる1トンくらいあるハタ類を狙う時に使えばいいのかな?


    未だ伊豆半島の水温は23度台。

    例年より高めに推移していますのでまだまだ石鯛釣りが楽しめそうです。


    来週の日曜日には沼津潮倶楽部の納竿大会が開催される予定です。

    凪に恵まれることを祈るばかりです。


    では、また。


    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/07 | 23:33 | comment(0)| No Trackbacks

    負けちゃった。

    こんばんは。

    ”シャチョブロ”です。

    残念!

    無念!

    高校サッカー選手権静岡県大会決勝トーナメント第一回戦で加藤学園は負けちゃいました。

     alt=""title=""

    相手は強豪、浜松開誠館。

    勝ってほしいと願いますが格上であることは間違いありません。

    加藤学園としては決勝トーナメント自体が未体験ゾーン。

    硬くならなければいいのですが・・・。




     alt=""title=""

    部員のみんなも親御さんたちも一生懸命応援しましたが前半3−0でスパパパーンと引き離されてしまいました。

    開誠館やっぱ強いな〜。

    開誠館やっぱ巧いな〜。

    客観的に見ていると加藤学園の中盤の動きがとにかく悪い!

    ルーズボールへの寄りが悪い、体を寄せてプレッシャーを掛けない、相手のミスを待っている等々、まるで御用聞きプレー。

    セルジオ越後さんが観ていたら「ナナミサン、コオユウサッカーシテルジャイツマデモカテナイネ。ソジャナイデスカ?」


    って言いそう。


    当たって砕けろ的にガツガツいかないとダメです。格上相手とのサッカーは。

    そりゃ第2回戦に進みたいのは分かるけど守りに入りディフェンスラインが下がり切っちゃって中盤のスペースが空きすぎてるんだもん。


    こりゃ、勝てないわ。


    でも、後半はちょっと気合い入れなおして後半開始5分に1点返しましたよ。

    この1点は良かった。

    実に巧かった。

    ここからの反撃を期待しましたが、残念ながら追加点は奪えずに3−1で負けちゃいました。




     alt=""title=""

    試合終了後、ガックリとうなだれてロッカールームに引き返すさまは観ていてホントに残念でしたが、でも今まで頑張ってきたからこその決勝トーナメント進出だったと思います。

    きっと来年からの後輩たちの心には響いていると思います。

    来年こそは!

    待ってろ!国立!

    ちょっと飛躍しすぎかな。




     alt=""title=""

    ゲンを担いで草薙総合運動公園近くでカツカレーを食べたんですが効き目はなかったようです。

    所詮は他力本願。



    今日はこの辺で失礼します。


    では、また。

    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/04 | 23:58 | comment(0)| No Trackbacks

    久しぶりの”シャチョブロ”です。

     お久しぶりです。

    ”シャチョブロ”です。


    ちょっと体調を崩していました。

    風邪気味で扁桃腺が腫れていたのにちょっと無理をして熱が出たりで今日、さすがに病院へ。

    筋肉注射を打たれ、沢山の薬を飲んで・・・、おおっ!かなり良くなってきた!

    先生曰く、「これじゃ喉痛かったでしょう?よく食事取れてましたね〜。」

    無理にでもご飯はちゃんと食べて、体が少々かったるくても仕事頑張って気を張っていないと逆にどんどん悪くなってしまうような感じがしてならないんですよね。

    これは性分だからしかたないか。


     alt=""title=""

    三島市のY様邸屋上防水塗装工事の進捗状況です。

    高圧洗浄後、プライマー処理を施した後です。



     alt=""title=""

    プライマー乾燥後、トップコート塗布状況です。



     alt=""title=""

    トップコート塗装完了です。


    作業中は天候にも恵まれてとてもスムーズに仕事が進みました。

    Y様の奥様にはお忙しい合間にお茶などをお世話頂き本当にありがとうございました。


    今後ともよろしくお願いいたします。



    明日は文化の日。

    毎年恒例の三島宿大通りまつりが開かれます。


    静岡県塗装看板業協同組合が毎年元ヤオハン駐車場前にブース出展いたします。


    外壁の塗り替えや色々な塗装の事など遠慮なくお尋ねください。

    水性塗料の無料配布、バルーンアートの無料配布、大道芸パフォーマンスと内容も盛りだくさんで毎年長蛇の列で賑わっています。


    ぜひ!遊びに来てください!


    でも、明日は「藤沢塗工店」は途中退場なんです。


    11時頃までお手伝いをした後に静岡の草薙総合運動公園に行ってきます。

    うちの豚児が通う加藤学園サッカー部がな、なんと静岡県高校サッカー選手権大会決勝トーナメントに駒を進めたのです。

    これは加藤学園サッカー部創部以来初めてのことで静岡第一テレビの「KICK OFF!」では注目校としてテレビに出まくっています。


    明日からは上位16校で国立への切符を争う訳ですが一回戦目の相手は浜松開誠館!

    浜松開誠館は強いです。

    得点力もハンパではありません。

    もう既にセンターバックとセンターフォワードはプロ行きが決まっています。

    という事は・・・。

    加藤学園サッカー部は相当、厳しい戦いを強いられる事必至!

    うちの豚児はトップチームに登録はされていますが1年生なので出番は無いでしょう。

    でも!加藤学園サッカー部ガンバレ!


    地獄の特訓のあの走り込みの成果を見せるんだ!

    合宿でのどんぶり飯大盛り3杯胃袋強制収容で体を作った事を思い出せ!


    ファイト――――!!!



    では、また!



    有限会社 藤沢塗工店 | General | 11/11/02 | 22:19 | comment(0)| No Trackbacks